不安神経症に有効な治療法

不安神経症のために家族で支え合う

いずれにしても周りの人の協力を

 

不安神経症とはパニック障害や全般性不安障害等を指します。人は誰でも不安になることがありますがすぐ収まり、生活に支障がでないもの、理由が明確だったりするのですが、そうではなく長期間に渡り不安が続き、理由がわからないのに不安になったりすることが不安神経症です。不安神経症の一つで強迫性障害は潔癖症や戸締りを何度も確認してしまうなど本人が納得するまで何度でも繰り返す病気です。他の誰かに確認してもらわなければ納得できず進めなかったりするので周りや家族の手助けが必要です。投薬治療と精神療法(心理療法)で治療していきます。いずれにしても家族の助けと理解が重要です。

 

薬を使わない不安神経症の治療法

不安神経症の治療法1:認知行動療法

 

ストレスや悲しみで強い不安になり神経症になってしまうと多くの物事に対してネガティブに考え、受け止めてしまう癖や行動を起こしてしまいます。認知行動療法とはそんなマイナスに受け止めてしまう癖を少しずつ変えていい方に受け止めれるように悲観的になりすぎる癖を普通に受け止めれるよう鍛えていく治し方です。外的理由でストレスがかかり病気になるのではなく、外的理由に対する自分の受け止め方がマイナスなので病気になるという考え方で,どのようにストレスを受け止めているかを認知して行動をプラスにできるように少しずつ習慣を変えたりすることが有効とされています。

 

不安神経症の治療法2:森田療法

1919年、森田正馬により考え出された精神療法で心理セラピーで心を癒す療法で薬は使わずに治療していました。頑張れとか受け入れろとあ現実を見ろって言っても心を守るために壁を作り精神が病気になってしまったんですからそんなことなかなかできませんよね?彼は「あるがままでいい」という 理念をお持ちでした。ただあるがままになろうとしてもダメ。なろうという考えがすでにそのままのあるがままの自分じゃないから。とここが難しいところですよね。


不安神経症の治療のための薬と漢方薬

不安神経症の治療のための薬

不安神経症の治療に薬は有効か!?

 

薬による治療は抗不安薬ベンゾジアゼピンが使われますが、副作用として薬への依存症になってしまう可能性があるので気をつけましょう。神経症の一つに解離性障害というのがあります。これは一定期間の記憶がすっぽりなくなったり、更には人によっては記憶の無い間の時間には別の人格が現れる多重人格の方もいます。この解離性障害は薬で悪化する場合もあるのでいかに安心できる環境を整えてあげれるかとういう家族の休まるような温かい支えが必要になってきます。

 

不安神経症に漢方薬は有効な治療法か?

 

人それぞれ効く効果が違うので漢方専門の機関での診察が必要です。効果は緩やかで即効性はありませんが薬物のように副作用はほとんどないので依存症の心配がなくなります。漢方の世界では薬膳料理を食べるなど食事療法が大事だとされています。心と体は一心同体。バランスのよい食事で健康な体作りは大切です。人によっては効果がある方もいます。


Copyright © 不安神経症の治療でどれがベストか!? All rights reserved